おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

カテゴリ: 煙草 シャグ

イメージ 1

この煙草は、バージニア葉を主にラタキア葉など14種以上の葉をブレンド煙草らしい?
パイプ煙草として販売されているケースの方が多いみたいですけど、葉っぱはシャグカットされているので手巻きにも使える煙草です。

50g 850円 オランダ産



〔雑学〕オランダでは、喫煙率が男女を問わずかなり高く葉巻きの産地であることからその愛好家も多いらしい?
喫煙マナーもチット悪いみたいでアチコチに吸殻が捨て有るそうなんでアマリ良くないみたいですね。
オランダでは、煙草の税率が安いらしく「手巻き煙草」が盛んに愛用されていいるそうです。
その種類も日本の比ではないらしいです。
喫煙年齢は16歳以上からで、最近議会で18歳以上に引上げが議論されたが否決されたと言いますが…どうなったんでしょうね?



この煙草の煙草の感想は、手巻き煙草にしては珍しく恐らく他には無いと思うんですが、ラタキア葉が入っているとても特徴的な手巻き煙草だと感じました。

ラタキア自体はマッタリトしたコクを出す為のスパイス程度で煙草の旨味の引き立て約として使ってる感じがします。
味の方は甘味が有って、少し酸味を感じる美味しい煙草だと思います。

こういった煙草がシガレット版になれば良いのにと感じのは僕だけなのだろうか?
しかし自分で作る煙草の楽しみが減ってしまうのも、これもまた事実なんですが。

イメージ 1

ハーブ煙草の手巻き版が発売されました。
面白いやんけ!と思いイッチョ試してみる事に…


14g 980円  


早速、巻いてから吸った感じは、ハーブだからかして煙草というよりお香?
もしくは火の点くリアルな禁煙パイポ的な印象でした。
煙も普通に口の中に広がるのでやはり煙草の一種と考えるべきでしょうか? 
お香っぽい感じ+ハーブ系ミントって感じがします。
一見ヤバそうなデザインは面白さ満点です。

タールはあるが、ニコチン0という煙草。
シガレットの方は以前から知っていたが、同じくニコチン0。
本当に煙草の依存は無いのだろうか?
煙草に火を点けて吸う行為自体、心理的依存が有るのでわ?
疑問を感じるおっさんでした。

イメージ 1

コーヒーの煙草?
確かに煙草とコーヒーの愛称は良いと聞きますが?
(おっさんは缶コーヒーは嫌いなんです…しかし普通のコーヒーは全然OKです)
コーヒー味の煙草なら一石二鳥なのでわ?


40g ¥770 ドイツ産


開封してみると確かに煙草の葉の香り+コーヒーの香りがします。 
巻いてみて早速吸ってみると、甘さは控え目だけどほど良いコーヒーの香りがして吸い易く感じました。

僕の個人的な楽しみ方ですが、この煙草を吸う時にアイスコーヒーのブラックと合わして
吸ったらとても美味しかったです。
コーヒーにカプチーノ可笑しいですけどね。
焼き飯をオカズに白米を食べてるにたいで変な感じです。

イメージ 1

最近流行のマンゴー!
煙草の中ではナカナカ早くからジャグ煙草として取り扱ってると思われます?
これから色んなシガレットにも取り入れられるでしょうね…。


40g ¥770 ドイツ産


開封してみるととても当然ですがマンゴーの甘い良い香り。 
手巻きの道具を使ってい早速巻いてみました。
マンゴーですので甘いのは甘いと思いますが、
香りがとても良いです。

友達に勧めてみてた…自分で吸った時に感じるマンゴーの香りより
友達が吸った時の副流煙の方が以外にマンゴの香りが強く感じたように思います。
煙草感は南国風味でライトな感でした。(コレは巻く太さにもよると思いますが)

イメージ 1

ストレートバージニア葉をベースにブレンドされ、たばこ本来のうまみが充分に引き出されています。
喫味は、細かい刻みからくる柔らかい味わいが特徴です。


50g 880円 イギリス製


この煙草は、名前の通りバージニア葉が主だと思います。
ほのかな甘味があります「ピース・アコースティック」に似た感じがするかな?
パイプや葉巻は多少クセが強いものが多い感じがします(俺はソレが好き)。
このゴールデン・バージニアのクセはやや少なく、でもシッカリと味は美味いです。
フィルター無しの両切りで吸うといいと思う。

自分の吸う煙草を自分で巻いて吸うのも楽しみの1つと思う。
手巻きの葉っぱ以外にもパイプ用の葉っぱを巻いて吸うのもありだと思う。
シガレットケースに自分で巻いた煙草を詰めて持ち運んでもいい。
葉っぱの詰める量を調整すれば「バージニア・スリム」や「カプリ」のようなスリム煙草にもできる。
逆に「ジタン」のような太巻きにもできる。

ちなみに、このシガレットケースは妻が僕の誕生日プレゼントとしてくれたもので
外出時には、だいたいコレを使う
利点は、箱のまま持ち歩くよりもコンパクト(本数が少なくしか入らないから当然)
ハードに持ち運んでも絶対に煙草が曲がらない(そんなシガレットケース嫌だ)

ジッポは自前です。

↑このページのトップヘ