おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

カテゴリ: 煙草 シガレット

喫煙者には興味津々な、低価格な煙草が有りますよ~。
 
イメージ 1
 
「ウエスト・レッド」
タール 10mg ニコチン0.7mg 360円 台湾製
 
「ウエスト・ブルー」 と極めて一緒。
 
ヤッパリ、セロハンが・・・360円とメッチャ目立ってるのがダサい。
封を切れば、画像と同じ様な赤い箱になります。
 
味や香りも、特徴もないし悪くもない。
「マイルドセブン」 や 「ケント」 辺りの一般的にクセも少なめな煙草に近いと思います。
 
好みがあえば、お買い得と言えるかも?
でもヤッパリ大幅、増税前を考えたら高いな~。
 
 

2012年4月に、新発売になったタバコを試してみました。
 
イメージ 1
 
「ブライト・10」
タール10mg ニコチン0.7mg ウルグアイ産 350円
タール 10mg 
ニコチン 0.7mg 
入数/1 20
価格/1 350円(税込)
 
うたい文句にMONTEPAZ社と出てくるけど、
パッと聞いて分からないですよね~。
ようするに「アークロイヤルシリーズ」をだしてるメーカなんです。
 
 
 
ではシガレットの葉っぱの香りは、何気に嗅いだ事のある様な感じ。
「チェリー」に似てる様な感じで、期待して着火。
 
癖が無い等の触れ込みがあたんだけど。
癖も無いけど、コクも無い。
しいて言うなら、洋モク的な苦みと言うか?
軽いけど癖は有りますね~。
 
注目しべきは350円って事です。
「ウエスト」も10mgを出してきました。
 

今日は、にわか雨が降ったり止んだりです。
最近・・・朝が起きれないオッサンです。
 
 
イメージ 1
 
タール 6mg ニコチン 0.4mg 10本入り 200円

2011年 1月発売  ウルグアイ産
 
単純にこの煙草は、チョコレートフレイバーだと思ってたら。
なんとCHOCOMINTって書いてるじゃん~。
 
赤色のパッケージなのに、チョットしたメンソール感覚のシガレットです。
チョコレートのフレイバーは、程よく香る程度。
吸った感じもキツクない、ミントの感じがエエ感じです♪
 
何ともショートホープ的な、数量が使い勝手が良いですね~。
でも…見た目が子供達のお菓子みたいなのが(爆)。
 


スモーカーの中でも話題の「The Peace」を♪
増税前は、通常の煙草すら1,000円だなんて言われてましたね~。
それにもかかわらず、1,000円のタバコを出してきたJT。
 
イメージ 1
 
2012年 2月 発売
タール 10mg ニコチン 1mg 20本 1,000円 日本産
 
 
先ず見た目です。
チョットしたリトルシガー並みの、缶入りの箱。
丁寧過ぎるほどの包装。
 
色々と説明がありますが、問題は味なんですよね~。
シガレットとしては今までのピースとは香りが違いました。
僕的には着火まえの香りが、通常のピースなら甘いバニラの香りだったんだけど。
若干レモンの様な酸味を感じました。
 
 
吸ってみた感想ですけど。
単純に「ピース・アコースティック」よりの作りで。
「ピース・ミディアム」との中間的な感じを受けました。
葉の詰まり具合は、吸ってみると現在有るJTのシガレットとは全く違い。
ギッシリと詰まってる。
スーパーキングサイズとあるが、プレーンフィルターが長いよ~。
 
美味しいと言えば美味しいけど。
僕にしてみたら味は薄め、タール10mgだとしたら吸い応えは有るんだけど。
 
 
個人的には話題性だけで、アマリ良いとは思わない。
おそらく「ショートピース」「ロングピース」の愛煙家には頼りないかも?
ドチラ方言えば「ピース・インフィニティ」なんかを好む人向けなのか知れません。

最近アークロイヤル系のシガレットにハマってるオッサンです。
 
 
イメージ 1
 
「キャプテンアーク・イエロー」
 
タール 6mg ニコチン 0.4mg 10本入り 200円
2011年1月 発売の ウルグアイ産
 
何ともチョコレートの様な御菓子の様な感じですよね~。
しかもフレーバーはバナナ 。
どうも最近の、20本で400円価格の煙草のカートンは透明なビニールの物が多い?
 
 
着火前の、シガレットもなんともバナナ的な香り。
吸ってみると、バナナ感は穏やかで意外と吸いやすい。
 
あからさまにフレイバー系が苦手な人でも大丈夫なのかも?
(これは僕が着香系のパイプを吸うからかも知れません)。
そんなことをしてまで、この煙草を吸うメリットはないけどね~。
20本で400円ってのも魅力かも?

↑このページのトップヘ