おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

2013年03月

子供達は春休みに入り、毎日ひまそうにしてるけど。
天気が良かったら、外に遊びに行けばいいのに?
近所の公園も今週末には、桜も咲くだろうしね♪
子供達と桜を求めて、CBF125でさすらってみました(爆)。
 
イメージ 1
 
御覧の通り、マダマダです(爆)。
さまよってる最中に「石切劔前神社」はメジャーだけど。
〒579-8011 大阪府東大阪市東石切町1丁目1番1号
「石切神社 上之宮」に行ってみました。
〒579-8072 大阪府東大阪市上石切町2丁目
凄い細い坂道です。
駐車場はあるけど・・・。
おそらくご利益は、でんぼ(腫れ物)なんだろうけど?
石切のお祭りの時は、こちらまで来るんですよ・・・。
青年団や保存会の方も大変だろうな~。
 
イメージ 2
 
上之社拝殿
通常の石切神社よりもカッコいい感じがしました。
見慣れてないから、そう感じるんだろうか?
参拝客も少なく、バイクならアリのスポットかも♪
 
イメージ 3
 
休憩所も、えらい雰囲気の良い感じ。
縁側もあるしレトロな感じがGOO。
 
イメージ 4
 
八代竜王社
小さな池の上に、なんかエエ感じです。
 
イメージ 5
 
石切登霊社
なんか神々しいけど、中は薄ら怖い。
怖いもの・・・写ってませんか?
 
イメージ 6
 
御滝
2本滝が出てました。
 
イメージ 7
 
通常の石切神社同様に祈亀がありました。
ちゅ~事は、これが「願い池」
 
イメージ 8
 
スケールが増してるぞ!
存在は知ってたけど。
見に来たのは実は初めて。
エエ、パワースポット発見♪
 
イメージ 9
 
今度は長女も連れて、来てみよっと♪
 

今週は大阪でもボチボチ桜が咲き始め。
花見客が多かった事だと思います。
例外なく我が家も、桜を求め公園を散策しまくってきました♪
今回もCBF125とアドレスV125Gで出かけたんですが。
使用回数が多くなってきたので、以前買った「タンデムベルト」を1セット買い増そうかな?
 
僕が昔に住んでた石切の桜並木は、まだだった。
枚岡公園に行く道の桜並木も、まだ。
たどり着いたのが 「大阪府営 深北緑地」 でした。
この公園、実は大東市と寝屋川市にまたがった大きな公園。
〒574-0071
大阪府大東市深北4丁目284
〒572-0816
大阪府寝屋川市河北町40
170号線の信号には、白バイやパトカーが多いので気お付けてね。
 
 
では、これは・・・手品の練習をしてるわけじゃないよ!
前回 来たとき食パンを与えてる方が居たので。
ホームセンターに行って、鳥の餌を買って行きました♪
 
 
イメージ 1
 
 
メッチャ面白い、凄く集まってくるし。
手に乗ってきたり。
水鳥さんは、高速で泳いで集まるし。
手にから直接、エサ食べるし♪
 
 
イメージ 2
 
 
リニューアル中だった、 「恐竜広場」が完成してました。
「とりで広場」 も部分的にリニューアル中。
 
 
イメージ 3
 
 
「桜の園」 は、早咲きの桜が満開に近い状態でした。
 
 
イメージ 4
 
 
でも、まだまだ大阪は来週末が一番のピークになりそう♪
しだれ桜も、まだ蕾多かったし~。
 
 
イメージ 5
 
 
我が家の子供達は、どんなところでも遊ぶんだけど。
幽霊みたいに浮いてるし(爆)。
なんで花の咲いてる木で、木登りなんだろう?
 
 
イメージ 6
 
 
ボケの花が綺麗に咲いてました♪
こんな感じの木瓜もあるんだな~。
 
 
イメージ 7
 
 

暖かくなったり寒くなったり・・・三寒四温とは上手い事いうわ!
近所の公園なんですけど、今日で子供達が終了式らしく公園では既にお花見モード。
「緩衝緑地公園」
〒578‐0911 大阪府東大阪市中新開2丁目7番17号(管理事務所)
TEL072‐966‐4661
 
近鉄けいはんな線「吉田駅」より、南から北方面に2kmほど続く公園なんです。
吉原公園→吉原北公園→加納東公園→中部緑地公園南エリア・北エリア→加納緑地
この公園は春になるとバーベキュー禁止なのに、スンゲェ~人が来るんです。
とりあえず様子を伺いに行ってみました♪
 
イメージ 2
 
雪柳。
目立たないような感じもするけど、メッチャ良い香りがするんです。
 
イメージ 1
 
紫木蓮。
何でか知らないけど、この公園に1本だけだったよな?
 
イメージ 3
 
白木蓮。
満開です♪
春の花って良い香りの物が多いな~。
 
イメージ 4
 
椿です。
この公園には、アチラコチラにあります。
 
イメージ 5
 
かんじんな桜だけど。
今週末は無理そう?
来週は本番って感じです。
 
イメージ 6
 
花摘み・・・良いのか悪いのかは分かりませんが?
なんか凄く楽しそう♪
 
イメージ 7
 
 

今年は黄砂よりもPM2.5の方が、何かと話題ですね~?
何故か今年から外出すると、鼻が詰まった感じがする僕はヤバイですか(謎)。
しかし煙草の煙の方が、PM2.5よりも粒子が細かいんだって…。
 
 
ちゅ~事で、愛煙家だった僕が禁煙して。
ボチボチ8カ月が経つんだけど。
 
一番初めに心配してたCOPD(慢性 閉塞性肺疾患)なんだけど。
どうも風邪をひいたり、風邪でない時も咳が止まらなかった。
呼吸器内科と禁煙外来で検査をしてもらったが、
肺には異状もなく・・・しかも喫煙歴からするとライトスモーカだという。
驚きの結果(爆)。
これはおそらく、パイプ喫煙で肺喫煙してなかったのが一番なのかもしれません。
 
禁煙継続となりました。
バレニクリン (チャンピックス)経口禁煙補助薬の効果は凄かった。
 
はじめる前の理由の中で。
1、子供が嫌がる。
  これは、僕も子供の頃は煙草の煙って臭く感じてました。
  やめてからは、意外と子供達より大人の方々の方から煙たいかををされなくなった。 
2、煙草をやめたいと思ってる?
  理由としては、お金の節約を思う方が居るかも知れません?
  でも、思ってるような貯金はまずできません(爆)。
  よほど、つもり貯金をしない限り。
  病気とかが出ない限り、ヤッパリやめるのって辛いんです。
  イライラして周りの方に、少なからずとも迷惑がかかるなら。
  僕はお勧めはしません!
3、前にも書いたかも知れないけど?
  僕のライフスタイル的に、禁煙による節約でバイクやクルマに費用を回したいって書いた事があると思うんだけど。
  結論としては、2で書いたように余程の執着心で貯金をしないと無理だった(爆)。
  本来なら煙草代400×30日×8カ月=約100,000円となってるはずなんだけど(闇)。
  手元には喫煙時と同じくらいの小遣いしかない!
  と言う事は、お金があったもなくても無理やり何処かを抑えて捻出してるんですね。
 

スマートホーンやっと帰って来ました・・・。
「ドコモショップ 大東南店」
〒574-0025
大阪府大東市御供田3-16-21
大した謝りもなく・・・殿様商売だな~。
 
あともう一つ、愚痴です(爆)。
皆さん、 「関西子育て世代応援事業」って知ってます?
大阪府がやってる事業なんですけど。
「まいど子でもカード」 ってHPがあるんです。
ここで我が家の近所の「松屋」でサービスが受けれるんだけど。
毎回・・・従業員が知らないんです(爆)。
簡単に言えばクーポンなんだけど、使えないと言われると。
出した者はとてつもなく、恥ずかしいしイラッとします。
「松屋」本部に問い合わせてみると・・・お客様センターでも知らないって(怒)。
大阪府が駄目なのか、松屋が駄目企業なんだか?
暫く立ってから『関西全域で使えます』って、 「松屋」の本部より。
 
 
 
 
では、 「大阪 キャンピングカーショー 2013 春」 ってイベントに行って来ました♪
現場は 「京セラドーム」 
〒550-0023
大阪府大阪市西区千代埼3丁目2-1
06-6586-0106
 
今回もCBF125とアドレスV125Gで行って来ました。
京セラドームは、バイクの駐輪だと駐車料金要らないみたいだし~。 
 
凄く沢山のキャンピングカーがあったんだけど、
実際、僕自身が使えそうな物はハイエースやキャラバンの様なボックス系。
マイクロバスやトラックベースは実用的じゃない。
我が家の道は結構せまいので(爆)。
 
でも見てしまうと、ワクワクするのが男ってもんです。
子供達の画像しかないけど、見てみて。
(お友達の子供も一緒に)
 
イメージ 1
 
僕はハイルールやスーパーロングまでは必用としないし。
こんなの見たら・・・またオーディオカー作ってみたくなっちゃいます♪
だって、車中泊なんてナカナカ出来ないもんね~。
軽キャンピングは、老後の方が良いみたいだし♪
 
イメージ 2
 
今回のイベントで、クワガタ関係のイベントがあったので。
子供達も楽しめました。
何でも撮影禁止って書いてたので・・・画像が極端に少ない(闇)。
ちなみにこれは、チャント確認とってます。
 
イメージ 3
 
金魚すくいなんかの入れ物に、小さなクワガタさん達を出してくれてます。
しかも、全部触りたい放題♪
おおばんぶるまいじゃん☆
 
イメージ 4
 
テンションが僕の方が上がったかも?
 
イメージ 5
 
だってイベント会場には 「ミヤマ仮面」 こと
プロレスラーの垣原賢人さんが来てるし♪ 
子供達相手に、プロレスラー的なオーラも出さずに。
懐に広さを感じました!

↑このページのトップヘ