おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

2010年08月

長男はいよいよ、夏休みが残り少なくて来てます。
長女は先週から、幼稚園の新学期がスタートです。
24時間テレビ見てましたか?
我が家は、見ることなく遊んでました♪
 
 
8月28日(土曜日)長女の幼稚園の盆踊りがありました。
今回は、1学期の終わりにあるんですが。
梅雨のゲリラ豪雨をピンポイントで受けて、延期となり2学期になりました。
(おそらく、この次は無かったと思われます)
 
イメージ 1
 
今回は長男は、小学校なので勿論参加できません。
当時の担任の先生が、見付けて駆け寄ってきてくれました♪
先生『カイ君大きくなってねぇ~アレ?太った?』
長男『・・・・』 (照れて話が出来ません)
会場はまだ、ほとんど集まってません。 (どんだけ早めの行ってるのやら)
 
イメージ 2
 
さぁ~始まりますよぉ♪
 
イメージ 6
 
とにかく2曲しかないんだけど。
リピート&リピートで踊ってます。
授業で作った団扇も使って。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
年長さんになると、順番に太鼓が叩けます。
年長さんの見せ場でしょうか!
 
イメージ 9
 
その後も、各クラス全員が叩き終わるまで踊りは続きます。
 
イメージ 10
 
で、いったん休憩でジュースタイムになります。
保護者会の様なものからの差し入れなので、長男はないです。
なので、不思議と僕の財布から120円が消えて行ってます。
 
最後を締めくくるのは、ヤッパリ花火!
スケールは市販品なので、物足りないですが。
子供達にはキット楽しい物だったと思います。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
そして最後に担任の先生と記念撮影♪
 
イメージ 3
 
 
自転車で汗だくになって帰ってきた我が家は。
前回リンママさんと一緒に行った時の、無料入浴券を使いにお風呂へ行ってきましたよ♪
「摂津の湯」です。
無料入浴券でタダで、くつろぐつもりが…。
結局、お腹が空く子供達のおかげで高くついてます(爆)
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
みっちり2時間以上、入って夜中まで楽しんできました。
出るとTVは24時間テレビで、はるな愛さんが走ってました。
(と言うより歩いてた様な?)

今回ご紹介するスーパー銭湯は、
「畷の里温泉」です。
 
大阪府四條畷市大字砂281番地2
0120-026-158
 
にある温泉です。
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
入浴料(平日) 大人650円 小人350円
   (土日祝) 大人750円 小人350円
とチョット小人料金が高い様に思います。
 
シャンプー&リンス&ボディーソープは備付です。
 
一応姉妹店として、かつては掲載されてた「箕輪の里温泉」不思議と外れてます。
他の姉妹店「鳥飼の里温泉」はいまだに掲載されてます。
プチ情報、ワンちゃんを飼ってる方必見♪
実は「鳥飼の里温泉」には「ワンちゃんの里温泉」があります。
 
 
 
露天風呂から、
「宝石風呂」は釜風呂の様になってます。
お湯の温度が33度だったと思いますが、長湯ができるので手前のTVを見ながらのんびりできます。
2浴槽あり、左がトルマリン・右がヒスイとなってます。
檜庵」ですが、こちらも33度と温いので子供やお年寄りでも心配なく長湯向きです。
岩塩風呂」も温めとなります。
ヒマラヤ岩塩を使ってて若干、硫黄臭がします。
肌には良いかもしれません?
岩風呂」がメインとなってます。
こちらはお風呂らしい温度設定、入った気がするナカナカ良い感じです。
 
 
内風呂は、
「富士見風呂」これがメインとなります。
外の「岩風呂」と何も変わりません。
先頭の定番、富士山の絵を見ながらのんびりです。
「シルク風呂」これは超微細気泡・人工炭酸ガス泉で「奈良健康ランド」で「ナノ酸素テラピー風呂」と全く一緒。
後は「ジェット」「エステ」「電気」と一般的。
温度は通常のお風呂の様に暖かい物となってます。
「遠赤サウナ」のお隣に「かまくら」と言う冷凍サウナがあります。
これは♪ 「箕輪の里温泉」と内容が似てますが。
こちらは本当に壁が凍ってて、気分が最高に良いです。
 
 
この様な感じの温泉で、比較的きれいな施設です。
露天風呂は温いのが多くて、屋内には水風呂と冷凍サウナがあるので。
この様な残暑で猛暑日には、ユックリと長湯で夏バテ解消に良いかも♪
 
長風呂をして、喫煙者が一番気になる所を。
脱衣所の横に小さな庭園に出れます。
そこで喫煙が出来るようになってます。
 
イメージ 3
 
そしてここも、家族風呂が用意されてます♪
お湯は天然温泉、1時間2,500円と意外と安いです。
チョットした旅行気分が満喫できる仕組みとなってます!
 
イメージ 4

麺達の不調で、無期限の夏休みから仕事場へ戻ったのに…。
患うと一度、体調を壊すと調子の良い時のように戻るのが遅い!
昼を過ぎると普通になってるのに、どうも寝つきが悪い分。
朝の目覚めも悪いや・・・。
遅刻・遅刻・無断欠勤・遅刻のオンパレード。
しかも早退となっちゃって、怠けてるみたい(謎)
 
 
 
イメージ 1リンママとリンちゃんが、遊びに来てくれたよ♪
もう、僕が24歳の時からの親友なので。
13年ものお友達!
(厳密に言うと、妻よりも付き合いが長かったりする)
おそらく前世だと、兄妹か親族であったのは間違いないと思うくらい。
 
 
 
さて、今回は夕食でもご一緒にって事で。
我が家の近くのお店に行ってみました♪
 
「ベビーフェイスプラネッツ 大東店」
住所    大阪府大東市扇町10-5 2F
営業時間 11:30~23:45  ランチタイム11:30~15:00
 
といった感じの、カフェレストランです。
 
イメージ 2
 
90席あるそうで、テーブル40席・ベッドシート24席・座敷26席という感じで。
個室タイプとなってます♪
デート!
密会!
お忍びに最適かも♪
 
イメージ 3
 
メニューは大盛りとなってます!
1品が大体2~3人前です(爆)
今回、大人が3人子供が3人で3皿と皿で1皿で…食べきれませんでした?
 
イメージ 4
 
妻とリンママもお酒を少々頂いてました。
僕はシッカリと食べ役です♪
子供達は、個室の店内での暴走では飽き足らず。
廊下まで攻めて行ってました!
(でも気持ちは十分にわかる面白い作り)
平日で人が少なかったので助かりました。
 
味は少し濃い目、でも「UKカフェ」とは、また違った雰囲気のお店で。
駐車場がユッタリと有るのもうれしいですね。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
最後にデザートです。
これは大盛りじゃないですよ!
案外、大人の味で美味しかった♪
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
長女にリンちゃんも、幼稚園が始まったのにテンションがヒートアップしてます。
 
イメージ 9
 
そして、ほろ酔い加減のリンママを拉致したまま。
我が家のペースで、お風呂へ強制執行致します♪
リンママんちの、近くの「摂津の湯」です。
 
イメージ 10
 
今回、26日ということもありまして!(風呂の日イベントがしてました)
なんと、入浴したら次回の入浴無料券をもらえました。(でも今月までなので早くいかなきゃ)
塩サウナの塩、使い放題となってます。
今回、初めて知ったんですけど。
ココのジャグジーの頭を置くところが、冷やされて長湯ができるのは更に気に入っちゃいました♪
 
今週末は、色々と予定が決まってるのに…残暑で猛暑って如何なものなんでしょう?
しかも予定は全て、夕方なので今日の様な雨も降らない雷は嫌ですねぇ~。
夕立なんて洒落にならないし!

カブトムシさんは全滅いたしました。
今年も卵を産まなかったんですけど、一体何が悪かったのやら?
 
オオクワガタと、ヒラタクワガタが主に育ててるド素人なんですが。
毎年、繁殖させるとお世話が大変なので。
今年は「スジブトヒタラクワガタ」を増やしたいなぁ?
って思ってます。
 
なので小分けで針葉樹マットと、ゼリーの交換が3日程度でしないと。
大きくて食欲のある子が、ゼリーなしになってます。
案外、マナーが悪くてジャンジャン食べこぼしも多いので。
マットも毎回、交換してます。
ペットショップで使ってる。
業務用の広葉樹マットが欲しい!
 
イメージ 1
 
誰に見せる訳でもないんですが。
家に置いてるので、『几帳面か?!』って突っ込まれそうなくらいのペースで掃除してます。
僕より沢山、飼育されてる方の方が多いと思いますけど。
どのようなペースで清掃してるのか、もっと効率の良い方法なんかアドバイスしてくれると有難いな~って。
誰か知りません?

先日、天に召された金魚さんの次の入居者が入ってきました♪
原因らしいのが分かったかもしれません?
どうも水槽に同居させてた「カワニナさん」がお亡くなりの際に。
相当ファンキーな異臭がしてます。
それが原因かと判断しましたので。
綺麗に清掃してから、違う水槽に移動出せました。
 
そして今回、我が家に来ました金魚さんは。
おそらく初挑戦、と言っても初心者にも簡単&丈夫な和金を行ってみます。
「朱文金」(シュブンキン)です。
 
イメージ 1
 
もう一方は。
「コメット」です。
朱文金と和金から出来た金魚さんです。
 
イメージ 2
 
今まで琉金系ばかりだったので、すごく新鮮。
しかも泳ぐスピードがメッチャ早い!
意外とモット大き目な水槽の方が良かったかも?
 
イメージ 3

↑このページのトップヘ