おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

2010年04月

今回のゴールデンウィークも例外なく、カレンダー通りのおっさんです。
でも仕事は暇…28日に車を2台も洗車したのに。
マンションの青空駐車のエスティマは黄砂でドロドロ、チェロキーも休日に動かしたのでドロドロです。
しかも降ったの夜中から明け方だけ・・・。
今日も2台洗って連休の準備って感じです♪
 
そして小学校に行って、初めて持って帰ってきた作品が鯉幟。
幼稚園より若干グレードアップしてます。
イメージ 1
 
続いて長女も鯉のぼりを持って帰ってきました。
年長さんになってるので、結構な出来栄えです。
イメージ 8
 
 
 
4月29日(木曜日)GW初日は、雨も降ってた上に予定も決めてなかったので。
妻のリクエストで「ザリガニ釣」をしてみる事に。
何だか連休だと「花園中央公園」も近所の人より、遠方の方のほうが多いようでした。
駐車場も満車で、少しお話をしてみた方も吹田から来たって。
 
池に行くと、草のあるところで鯉がバシャバシャと♪
どうやら産卵でもしてるのでしょうか?
変に賑やかだった。
長男はゴチャゴチャ言ってた割に・・・祖先して自分の世界に入っていきました。
イメージ 9
 
長女は、変なザリガニダンスを踊ってます。
訳分りません!
イメージ 10
 
では釣開始です。
当然と言えば当然ですけど、子供達は魚釣りのようにスルメを上投げで池に掘り込むので連れるはずないです。
イメージ 11
 
子供達は、やり始めも早いが飽きるのも早い。
エサをセットして、自転車で公園を走ってきます。
前回も竿なくなりましたけど・・・今回、目の前で子供が持って逃走していきました。
確実に親が一緒に居てるはずなんですけど?
竿を持って帰ってきてるのに、不思議じゃないんでしょうか・・・。
更にド厚かましく、全部持っていこうとしたので『その2本はあげるけど、4本はアカンで』
そういうとシブシブ2本置いて行きましたけど。(男の子と女の子の兄妹でした)
更にはまた来て、竿とザリガニまで持っていこうと。
親御さん、持って帰ってきてるの分ってたら一言中止してください。
と言うより、自分勝手にさせすぎないように!
で、セットを見守りつつ子供達は自転車でサイクリングです。
イメージ 12
 
動けばお腹が空きます~。
今回も適当に出てきたので、近くの「マクドナルド」で買ってきました。
食べる前の元気のなさ・・・。
イメージ 13
 
そして、復活のこの表情の違い!
腹が減ると機嫌が悪くなるのは、僕と同じのようです?
イメージ 14
 
長男は今回、初のサリガニに指を挟まれました♪
『痛い~痛い~痛い~~!!って。
案外、僕は面白かったんですけど。
イメージ 15
 
イメージ 2
 
今回は、裏技チックですけど。
結構の収穫が・・・実は他所のお兄ちゃんから子供達が頂いた(爆)。
イメージ 3
 
公園は水溜りが多く、自転車はドロドロ。
ココはドックランですけど、分りますこの水溜り。
子供達は水溜りに喜んで入って行き、泥を跳ねて背中から頭までドロドロです。
バイクでリアのリアフェンダーをカットすると、こんなの感じになってるのを久々に見ました。
イメージ 4
 
ツツジを見ると、蜜を吸いたがる我が子♪
平成生れの、昭和の子です!
ヤッパリ水溜りが。
イメージ 5
 
マンションの駐輪場では、自転車を洗うことも出来ないし。
自転車を洗いに行くだけで、実家まで行けないので。
公園で自転車の洗車を始める子供達。
この辺りは、僕に似たんでしょうか?
イメージ 6
 
イメージ 7
 
長女はまだ遊びたいようなので、「わんぱく広場」(通称ロケット広場)で遊びに行き。
僕は長男が自転車に乗りたいって事なので、ブラブラと走りに行きました。

今日は雨ばっかり降ってる東大阪です。
家庭訪問とかっていまだにあるんだ?
長男は小学校で、長女は幼稚園で鯉幟を作ってるそうです。
持って帰ってくるのが楽しみです。
 
 
「花園中央公園」と「鶴見緑地公園」がピックアップされました。
僕は「二色浜」か「アジュール舞子」に行きたかったなぁ~。
で、意見がバラバラなので「枚岡公園」でも行って見ましたよぉ♪
駐車場は11時前なのに既に、満車に近い状態でした。
テンションが上がらないのに、山登りへと・・・ハイキングにプラン変更♪
ルートマップが作成できないので、単純に地図に赤いラインで書いた所を歩いてきましたよぉ~。
後でチェックしてみたら結構な距離。
長男も長女も、かなり歩ける様になりました。
 
イメージ 1
 
山を適当に歩いて探検です。
「額田山展望台」はチョットした時に良く行くので、違うコースを模索してます。
途中からハイキングコースじゃなくサファイバルっぽくなってます!
 
イメージ 2
 
イメージ 13
 
 そしたら、なんとも良い場所発見♪
一休みして、自然な感じで元気も出てきます。
この様な所で休んでると、どうしてもシガレットよりも葉巻やパイプが欲しくなります。
我が家のパワースポットにしておきましょう。
でも残念な事に・・・土や川にBB弾が沢山落ちてます。
「バイオテックBB弾」を使って欲しいものです。
セコイ安物のBB弾で、オレンジ色の一番安いのが沢山落ちてます。
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
ココから「枚岡展望台」へ進路変更!
とにかく時間が有ったのでジャンジャン上に上っていきます。
先がクルクル巻いた草を見つけました・・・ゼンマイ?ワラビ?僕には分かりませんけど。
長女の好きスカンポ(イタドリ)を探しながら登りましたけど、ハイキングコースには見当たりません。
かなり疲れたんですけど、子供達はダッシュできるんですね。
 
イメージ 17
 
展望台は「府民の森 ぬかた園地」の直近くで、生駒山上付近となります。
ココからだと上を見ても山もなく、最高の景色が見れます。
でも流石に大阪、凄く天気が良く見渡せるんですけど。
画像で撮るとスモックが掛かってます。
肉眼では大阪ドームまで見えてるのに。
 
イメージ 18
 
いつもの様に無計画に出て行ったので、お弁当がないです。
もって行ってたのはオヤツとお茶だけ・・・。
既に子供達はガス欠寸前!
登れば下るしかないですね・・・。
この様なガス欠状態なのに、不思議と登って来たコースじゃない遠回りを選ぶ僕達一家。
また違う小川を発見して、たわむれます♪

誰も来ないので、橋を占拠して水遊び開始。

 

イメージ 19
 
下りのコースは「枚岡梅林」の方へ下るんですけど。
坂の下りがキツイ・・・こちらの方から登ってなくて良かった~。
 
では今回のハイキングで見た紅葉の花です。
 
イメージ 20
 
そして・・・不思議と1本だけ真っ赤な紅葉か?
なんで!?メッチャ不思議なんですけど。
 
イメージ 3
 
更に新緑での森林浴をお楽しみください。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
オマケとして、子供達に囚われて虫さん達。
しゃくとりむし、あだ名は「シャック」。(僕が命名)
 
イメージ 8
 
お次はナナフシ、あだ名は「ガリゾウ」らしいです。(長女が命名)
 
イメージ 9
 
でダラダラ歩いて「枚岡梅林」まで下ってきました。
梅の花が無くなると、梅の実が出来てます。
マダマダ青いですが、チョットだけピンクがかってます。
 
イメージ 10
 
ココで一休みして、オヤツとお茶です。
それから「枚岡神社」へ移動しました。
すると境内でなにやらやってる!
良く見ると結婚式をしてた様子です。
神社で結婚式って、カッコイイし身内だけ出し気が楽かも?
まぁ、人によっては披露宴を別でするかも知れませんが。
我が家は、それを横目に池の鯉に夢中でしたけど。
 
そこから「枚岡公園」へ移動するんですけど・・・
ココまで歩き倒すと、また登るのが疲れるんです。

 

でも子供達は『駐車場の時間まで公園(森のおもちゃ箱)で遊んで良い?』って・・・
『チャント行けたら歩いて行けたら構へん』言ったらダッシュで消えて行きました。
子供って凄いパワフルですねぇ~。
でも午前中よりも凄い人だかりになってて『遊ぶとこあらへん』って愚痴ってました。
石の滑り台が地震もなかったのにバキバキに潰れてたのはなんでだろう?
 
イメージ 14
 
子供達も腹減ってるし、食事へ行く事に。
なのに何故か長男は『回転寿司』って・・・土曜の事まだ覚えてます!!
「カッパ寿司」を希望してたんですけど、バラエティー寿司が多い「くら寿司」を選択。
しかも一貫しか乗ってないグレードの高いヤツを、いかにも一皿に見せかけてます。
僕は知ってる、2貫のイクラはキュウリが乗ってるのを・・・。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
シッカリと子供達は食べてましたけど、やはり子供10皿程度食べたら満足します。
デザートにケーキ2つとプリンは、ノーカウントですけど。
その後、風呂上りにマタマタ久々な友達から急なお誘いで。
夜中まで遊びに行ってきました♪
久しぶりの煙草専門店へ行って目の保養が出来ました。
今回買っても良いなぁ~って思ってたのは、チョットお手軽な。
「コイーバ・クラブ」「モンテクリスト・クラブ」「ロメオYジュリエッタ・クラブ」辺りの持ち運びに便利な物が欲しかったなぁ~。
 

親友のリンママと一緒に、子供達の
『入学&入園おめでとうの集まり』をしてみました♪
 
 
子供達は朝ごはんを、現地で食べる予定をしてたので。
到着後「大起水産」で、早速頂きます♪
かき揚げ、かにクリームコロッケ、うどん、ラーメン、海鮮丼と手当たり次第。
 
イメージ 2
 
ほぼ毎回存在する、日替わり?
サービスメニュー?
の「海鮮丼 五色盛」、ミニうどん&魚のフライ等の一品付いて。
580円です!
長男と僕は毎回これで決定ですけど。
 
イメージ 11
 
とリンママは、「激安市」&「旬の鮮魚市」でお買い物中。
良い食材が、無くならない内に先に購入です。
 
イメージ 12
 
そんな中、取り残されて僕と子供達は・・・市場内を探検。
そして、今回僕達の餌食となったのは。
タコさんです!
大人の僕が触ったりしたので、子供達は生きたタコをイジリ倒します。
吸盤を手に引っ付けたりして、お店の方・・・すいません。
僕の仕業です。
 
イメージ 13
 
朝食から食欲の出ない、リンママはメロンパン。
そして・・・我が家の子供達はリンママに何の遠慮もなく!
アイスとソフトを買って頂きました♪
 
イメージ 14
 
さて、御腹も満腹な御一行は。
一番の目的地「大泉緑地公園」へ移動です。
最初は「冒険ランド」で遊びます。
去年に新設された、遊具で長女とリンちゃんが遊びます。
長女は妹や弟が欲しいらしく?
自分より小さな子供の相手をするのが大好き。
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
小学生になった長男は、女の子と一緒に遊ぶのが照れくさいので。
僕と一緒にジャンボ滑り台に超ロング滑り台等で遊びます。
 
イメージ 17
 
シッカリと遊んでから、次の目的地の「羊広場」へ移動します。
この日の天気予報では晴れ一つだった、大阪ですけど不思議と雨がパラパラ降ります。
なので所々で雨宿り。
そんな時に鳩さんが、沢山居ます。
子供達は自分のオヤツを鳩さんにあげてます。
これは・・・亀さん魚さん達のエサ以外に、鳥さんのエサをホームセンターで買っとかないと?
鳥さん達の健康に良いのか?悪のか?が分らないので。
奈良公園の鹿に、鹿センベイ以外を与えると健康被害があると聞いてるので・・・。
 
イメージ 18
 
雨も上がって、早速コースへ戻ります。
しかし・・・そんな僕達の行く先を邪魔する物が?
タンポポの綿毛の群集です♪
何故か僕が率先して遊んだのが悪かったのか?
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ここでも大阪城で、見かけたシロバナタンポポ発見です♪
なんとも今年は良く見かけます。
それも黄色いタンポポの中にポツリとレアな感じが得した気分です。
 
イメージ 5
 
何とか寄り道をしまくりながら、「羊広場」へ到着です。
入って良いと思って、子供達を策から中に入れ。
本来の入り口を探してたら、無かった・・・。
公園内を巡回してる、おじさんから『入ったらアカンよ~』って!
皆さん、僕達の様に入らない様にして下さい。
羊が動いて小屋からダッシュする、リンちゃんと長女。
それに動じる事の無い長男。(奈良公園の鹿タックルを受けても鹿に近づくつわものか?)
 
イメージ 6
 
仕方がないので「わんぱくランド」へ移動して遊びます。
3時近くまで、遊びまくりでした。
長男とリンママとの尻の叩きあいによるマラソン・・・長男も楽しそう♪
我が家だけなら、夕方まで遊んでるんですが。
リンちゃんの体力の具合が分らないので、駐車場へ移動しながら様子を見ます。
 
実は「大起水産」の焼きたてメロンパンを、オヤツ代わりに狙ってました。
しかし・・・今回に限って売り切れてます。
勿論、子供達は腹ペコ!!
フードコートもアウトです。
残ってた、生本まぐろにぎり盛り合わせ1,000円を購入して長男を黙らせます。
大トロ・中トロ・赤味が9貫入ってるので、以外とお買い得なのかも?
長女はマタマタアイスです。
リンちゃんは、綿菓子♪
食べる物がないので、食事場所を探します。
長男は何故か『回転寿司』って?
 
イメージ 10
 
結局、沢山の物から選べるように「八尾アリオ」へ立ち寄ります。
「フードタウン」で各々好きなものをチョイスします。
子供達はシッカリと遊びまくったので、良く食べます♪
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
その後デザートのリンママから、「回転焼」を買ってもちゃいました。
 (全国的には「今川焼」って言うのかな?)
 
 

今週の木曜日と金曜日、長男の小学校の家庭訪問で幼稚園より早く帰ってくる長男。
そして家の中に入ってくるのでは?
と大掃除!
丁度、長男の小学生になった事での、部屋の整理が出来て丁度良かったのかも?
 
 
 
今回、ご紹介するスーパー銭湯は「風の湯 新石切店」です。
ココは実家が石切にあるので、両親が良く利用するので。(実際、新石切りなんて町名は無いです。)
我が家も実家へ遊びに行った帰りには、立ち寄る温泉です。
住所 〒579-8013  大阪府東大阪市西石切町7-1-25
電話 0729-84-4126
年中無休
営業時間 朝10時~夜中1時
 
イメージ 1
 
 
特筆したいのは入浴料です。
大人500円 中人250円 小人100円 なんです。
大人が1コインのスーパー銭湯は珍しいです。(変りに中人以降がチョット高いですけど)
 
岩盤欲は中学生以上で500円です。
 
アメニティーはシャンプーにボディーソープは設置されてます。
 
駐車場はチケット制ですが、温泉利用者はチャントチェックすれば無料です。
 
 
完全な露天風呂ではない、半露天風呂は天然温泉を使用してるようです。
「西石切温泉」となってますけど、ボーリングして出てきた温泉は大体何処でも同じ様な物です。
若干、茶色っぽいようにも感じますけど屋根で囲まれた露天風呂なのでチョット分り辛い?
少し海水っぽい様な香りが擦るのは、なんなんでしょう?
露天風呂の半分はハイハイする程度のお子さんでも大丈夫なくらいの浅さです。
 
露天風呂エリアに、打たせ湯「滝の玉湯」と言うものがありましたが・・・。
随分前に故障してます。
 
内風呂はココでも「四季の湯」と言って日替わりのお風呂があるんですけど何故か人気があります。
 
ジャグジーっぽい物が多いのですが、エステティック風呂が小さな円形になっててジェットでお湯が回転してます。
お客さんが少ない時は、子供達の格好の遊び場と化しますけど♪
 
内風呂の大浴槽の方が、露天風呂よりメインか?
って思うほど広いです。
やはりお客さんが居ない時は、子供達の遊び場です。
 
遠赤サウナはチョット熱め、しかし「極楽湯 東大阪店」のサウナの方が熱いです。
男湯のスチームサウナは撤去しても良いほど利用者はありません。
女性風呂では塩サウナになってるようです・・・チョット羨ましい。
 
 
何と無く頼り無さそうなスーパー銭湯ですが、立地条件と利用料の安さでは抜群です。
 

今回は、僕のメインで利用してるスーパー銭湯をご紹介します。
ココは僕が病んで、一人で家のお風呂に入れない時からのズ~ット利用してます。
家から近くて、割と新しくて当時は1コイン(500円)で入浴でしましたから。 
 
住所 〒578-0925 大阪府東大阪市稲葉1丁目4-23
電話 072-960-4126 
年中無休(整備・メンテナンスは休みです)
営業時間 10:00~1:00
イメージ 1
 
入浴料が色々と変更されて現在では、
平日  大人700円 小学生350円 幼児60円
土日祝 大人750円 小学400円 幼児60円です。
ロッカー無しで入浴だけだと、公衆浴場の料金となり。
大人410円 小学生130円 幼児60円で利用できます。
 
会員になると。(入会は200円)
平日  大人600円 小学生300円 幼児60円
土日祝 大人650円 小学生350円 幼児60円と、大人は100円安くなります。
なので夫婦で行くと会員になると、1回でチャラです。
しかも会員になると、回数券が買えます。
回数券を買うと、土日祝でも同じ金額です。
11枚つづりで6,000円(1回約545円程の計算です)
それに豆情、報毎月26日(風呂の日)となってて回数券が5,500円で販売されます。(1回500円となり1コインになります)
それに月曜と水曜、風呂の日にはポイントカード2倍押しで。
溜まると入浴券と交換してくれるので、良く利用する方は回数券がお得です。
会員は食事なども割引となります。
 
アメニティーはボディーソープ、リンスインシャンプー、リンスがあります。
夏場になるとトニックシャンプーが導入されてました。(去年)
 
 
お風呂は特別凄い訳ではありません。
露天風呂は三重県の亀山市からの汲み上げた物を、運んできてる物です。
元が亀山温泉なのか?
神原温泉なのかは?
全く分りません、タートル温泉らしいです。
後にも先にも、天然温泉は露天風呂のみです。
循環して利用してるので、日によってはヌルヌル感が凄い時があります。
闇情報では木曜日に入れ替えと聞いてます。
なので木曜日~金曜日はお湯が綺麗なので本当なのかも知れません?
 
お湯は透明に近く、若干青白い感じがします。(下の岩のタイルのせいかも?)
そして面白いほどツルツル(ヌルヌル)した感じがします。
特に香りもしませんけど。
 
 
内風呂は思いの外、人気が高くて。
露天風呂よりも確実にお客さんが入ってます。
本当に毎日違って、カウンターでカレンダーのメニュー表のチラシがあります。
 
 
全体的に金額が500円から上がった事で、満員御礼だった時期よりも落ち着いてきてます。
もう既に3回ほど料金が変ったので、去っていった常連も居るくらいです。
 
 
食堂も、完全禁煙となり。
喫煙室が隔離されました。
狭い上に換気が甘いです・・・6人ほどしか入れませんし。
2人が吸ってると、煙たくて僕でも遠慮したい様な喫煙室です。

↑このページのトップヘ