おっさん道楽!

オオカミ少年の独り言 Thinking aloud of a wolf boy 日常の雑記として。 趣味でのドライブにツーリングの等、B級グルメに日帰り温泉の記録。

2007年03月

イメージ 1

甘酸っぱいベリーの食感が蘇るフルーティーなアロマはカクテル感覚的な味わい。
紅茶やロングドリンクにも良く合う風味。
という売り文句。
5本 800円 アメリカ産

1本当り160円にしては、葉巻自体の太さもナカナカの咥え心地でした。
吸い口はかなり小さめでしたが、当然着香系の葉巻なので名が示すとおり、
ベリーの甘い香りとかすかな風味というか甘味が感じる事が出来ました。
葉巻を味わうというよりは、フルーティーな香りと甘味を味わうような煙草だと思います。

ハバナ葉を使った物や、葉巻らしいいコクの有る葉巻も美味しいのですが、
着香系のアロマッテックな葉巻もたまには良いかなぁ?
って今回少し思いました。

イメージ 1

この煙草は2006年11月に発売された煙草です。
タール:17mgニコチン:0.6mg 320円 コロンビア製

普通の「コブラ」フィルター付きのコブラのデザインは白コブラ
「コブラ・ノンフィルター」のコブラは金色という事でフィルター無しを買う単純な僕。

吸ってみると、タール17mgの割には軽く感じた。
(普段からロングピースタール21mgを吸っているせいでしょう)

吸ってみた感想は、辛味とコクの有る意外と普通に吸う事の出来る煙草だと思います。
でもコレといった特徴に書ける煙草でも有るかな?とも感じます。

イメージ 1

本来この煙草はリトルシガーに属しますが僕はシガレットととして扱います。
アメリカ製
2007年2月1日発売。390円 アメリカ製

吸ってみた感想は、リトルシガーになるんでしょうがパイプの葉っぱを使用している事もあり、
甘味のフレーバーが凄く効いていて、とても甘くて吸い易い感じを受けました。
フィルタ部分の甘味も手伝って、味も香りも凄く甘く感じました。

パイプ葉が使用されているためか、香りと味を楽しむのにむいている煙草なのかも知れませんね?
意外と美味しかったです。

イメージ 1

この煙草は、2006年12月北発売で、
海道・千葉・埼玉・東京都・神奈川県限定発売
2007年2月より全国発売になった煙草です。


タール:8mg ニコチン:0.7mg 280円 ドイツ産


フィリップモリス社がお届けする、吸いやすく、クセのないまろやかな製品というのが売り文句。
吸ってみた感想は、クセが無い…実際一服目はありますよ。
洋煙独特とは又違う、甘味の有る様な変わった香りのクセが有ります。
味としては、確かにクセは少なめでしたがコクが少し有る様な感じです。


この値上がり後の中、280円はお買い得感は有る煙草だと感じましたが、
個人的には、「ポール・モール」の方がこの価格帯の煙草の中では、まだ良いような気もします。

山のおっちゃんから、お誘いが有ったので、
家族全員で又ハイキングに連れて行ってもらいました。
今回は近鉄奈良線・石切駅からハイキング開始です。

 

イメージ 1


開始早々、いきなりおっちゃんオリジナルハイキングコース突入。
笹を掻き分け、折れて倒れてきている木を潜ったり飛び越えたりして探検隊気分です。
少し落ち葉で滑ったら断崖絶壁なところとか、ハードなコースでした。
(3歳2歳の子供達と妻の事考えてくれてるのかと思うくらいでした)
でも子供が厳しすぎる所は、おっちゃんが長女を抱っこし、

僕が長男を抱っこしたりして乗り越えて行きました。

 

イメージ 2


流石はハイキング慣れしているおっちゃん、昼食の場所なんかも誰も来ない、
広くて景色の良い所に芝生に囲まれた場所で弁当を食べました。

 

イメージ 3

 

食べたら又ハイキング再開です。
今度はハイキングコースの裏道?何て無謀な…と付いて行くと、
気持ちの良い竹林や、「隣のトトロ」に出てきそうな木のトンネルや、
「もののけ姫」に出てきそうな景色の場所や、
「ターザン」がぶら下がる様なつるだれけのジャングルのようなや、
イノシシが穴お堀まくった場所など、普通のハイキングでは見る事の出来ないところに、連れて行ってもらいました。

 

イメージ 4


気が付いた時には、もう生駒山上の一番上に付いてました。
それからは何時もは車で来る「山麓公園」にいき、前々から気になってた温泉に入ってきました。(大人300円・子供150円・生駒市民は無料)
中は少し狭めですが、ジャグジー・うたせ湯・半露天風呂・普通のお風呂・サウナまで付いてました。
結構、お得な感じです。
その時はもう4時過ぎだったので、無料送迎バスで東生駒の駅まで送ってもらい、
電車で石切駅まで帰って来ました。
子供達は大満足そうでした。
長男は最後のバスと電車で大喜び、山でも走り回ってましたが、キツイ所は抱っこで行ったものの長男も長女も、この年で生駒山を登りきって下るとは…体力が又アップして行ってるようですね?
ホント日に日にパワーアップしてるのが分かります。
もう家の中で遊ばしておくのは無理と確信しました。

↑このページのトップヘ