最近やたらと佐川急便を装った、迷惑メールが届くオッサンです。
NTTちがう、NHKの金が余ったからって値下げって…。
スーパームーンに金運や願い事を願うよりも、不純な感じがする?


イメージ 1



ずっと行ってみたかった。
「崎の湯」
〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町1668
0739-42-3016
定休日 水曜
入浴料 420円
景色が良いからと言って中での撮影は禁止らしい。
駐車場と受付で言われた…
僕はカメラはクルマの中にしか置いてないんだけど(謎)。
ちなみに身体は洗うことも出来ない。


イメージ 2


券売機でチケットを買って、中に入ります。
簡易の脱衣所は鍵がないので、貴重品の管理は気を付けましょう。
男湯の入り口は暖簾だけ、風が吹いたら駐車場まで見える(爆)。


イメージ 3


とりあえず、かけ湯をして第二の風呂から。
太平洋を水面と同じ目線での、露天風呂は豪快でワイルドな気分。
この日は風もキツイが波も高かった、お湯につかって波も浴びる。
夏でもないのに、若干の海水浴感が楽しい♪
パンツもはいてないので、長風呂してると若干日焼けするな!

男湯って海中展望塔からも、見られてる。
露出狂ではないので、止まってみてるババア…キモイぞ!
何気にモンスターペアレント気味か(闇)。


イメージ 4


第一の風呂は比較的温いと思うが、かけ流しらしき岩風呂上部はチョット熱いと感じ程度。
湯船が青っぽく見えて、僕が水面近くよりもココが良い。
日本三古湯にして最古の名湯、湯崎七湯。
大自然を楽しめるが、石鹸等が使えないので。
帰りに洗って帰れるお風呂に立ち寄ることを勧めます。
特にバイクツーリングで立ち寄ると、海水浴した後の様に髪がガシガリになってるのでヘルメット被りにくいかも。


イメージ 5


大阪からだと、高速道路を使っても割と時間がかかる。
日帰りよりも、旅行で来て湯めぐりの方が良い気もする。
でも僕は日帰りしか選べないので、この辺りまでがベスト。